So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『花嫁は真実の愛を夢みる』 [商業誌情報]

8月31日に、はじめての四六版
花嫁は真実の愛を夢見る』(イラスト:蓮川愛先生/幻冬舎コミックス様)が発売になります。

花嫁シリーズのスピンオフで、ローランドとアーサーのお話です。
涼也やキースも出てきます。

四六版の本、憧れだったので夢がかなって本当に嬉しいです。
ちょっとお値段が高くなってしまうのですが、よろしかったらどうぞお手にとってみてくださいね。

コミコミスタジオ様でご購入になると、蓮川先生の美麗表紙イラストのクリアファイルと、書き下ろしの小冊子がついてきます。
よろしかったらどうぞご利用くださいね。

皆様に少しでも楽しんでいただけますよう、お祈りしています。

既刊
『花嫁は二度さらわれる』
『花嫁は三度愛を知る』
もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


花嫁は二度さらわれる (幻冬舎ルチル文庫)花嫁は三度愛を知る (幻冬舎ルチル文庫)


nice!(0) 

ミーマイ [趣味など]

うたこさんとミミちゃんの初演を観ている、というと年がばれるでしょうか(笑)。
因みに唐沢寿明さんと木村佳乃さんの舞台も観ています。いろんな意味で記憶に残ってますが……。

ミーマイ、話的に、すごく好き!というわけではないのですが、曲は好きです。
レミゼがそんな感じ。
でもみりおのビル観て、やっぱりいいなあvと思いました。

結局片方のパターンが観られなかったので、BDを買うことにしました。
カレーのジャッキー、楽しみです。

昨日はVISA貸切だったのですが、初日に続き、みりおさんの挨拶が最高でした。
いつの間にこんなに面白い挨拶ができるようになったのか……
私、挨拶が面白い人、大好きなんです。
今、挨拶キングはチギちゃんだと思う。

というわけで、ミーマイ、今回も面白かったです。

nice!(0) 

『未必の恋』と『十年の桜』 [その他]


悲恋の夏/十年の桜 (LOVE xxx BOYS)

悲恋の夏/十年の桜 (LOVE xxx BOYS)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2016/07/15
  • メディア: Kindle版



このたび配信が開始されました『十年の桜』と先般配信された『未必の恋』について、懐かしい思い出話を少々。

皆さんは東芝RUPOってご存じでしょうか。パソコンが普及する前、「ワープロ」というものがあったのです。
ネットには繋がってない、電脳和文タイプライター? みたいな?

『未必の恋』も『十年の桜』もRUPOで書いた作品でした。
RUPO、もう手に入らないのかなー。もう一つ未発表の作品があるんだけど、どうにもファイルが変換できなかった(いろいろ試して駄目だった)。

まだ二次サイトを立ち上げる前だったので、20世紀(二次サイトは2000年8月にはじめたので)の終わりに、なぜだか急に思い立って書いた短編が『未必の恋』でした。
発表するところがなかったので、友達に感熱紙にプリントして送った(手紙で・笑)ことを懐かしく思い出します。
なんで私、書こうと思ったんだろう。動機はさっぱり覚えていません。
RUPOをゲットしたからかな?

二作目が『十年の桜』でした。『未必の恋』にしても『十年の桜』にしても、昔のJUNEっぽいなと思ったり。
その後間もなくパソコンをゲットし(妹がくれた)、二次サイトを立ち上げ、今に至るという感じです。

書いたきっかけは忘れてしまったけど、書き上がったらやっぱり人に読んでもらいたいと思った。
その気持ちは今もかわってない気がします。
相変わらず拙い作品ではありますが、たくさんの人に読んでいただけるといいなと常に祈っています。

しかし最初から私の好きなパターンは変わってないなと思ったり(笑)
①親友がずっと秘めた恋心を抱いていた
②後悔先に立たず、あともたたず

JUNE創刊号を子供の頃読んでた世代だからか、悲恋はとても好きなのでした。
商業ではなかなか難しいですが、いつか書けるといいなv
nice!(0) 

電子書籍 ラブキスボーイズ/『悲恋の夏』『十年の桜』配信開始 [商業誌情報]


悲恋の夏/十年の桜 (LOVE xxx BOYS)

悲恋の夏/十年の桜 (LOVE xxx BOYS)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2016/07/15
  • メディア: Kindle版



本日からKindleをはじめ、
Renta!
eBookJapan
アニメイトブックストア
どこでも読書
・ソク読み
ブックライブ
honto

等にて配信開始となりました(敬称略で申し訳ありません・汗)。
『悲恋の夏』は2006年発行の同人誌
『十年の桜』はデビュー前、オリジナルの小説を書き始めた、その2作目に書いた短編です。
二作で216円となっています。

どちらも懐かしい作品で、特に『十年の桜』のほうはもう、どうしましょう、という恥ずかしさも感じているのですが、よろしかったらどうぞDLなさってくださいね。

表紙イラストは亀井高秀先生です。
めちゃめちゃ素敵ですよねー!!!
素敵に仕上げていただけて、大感激しています。
亀井先生、どうもありがとうございました(ここで御礼を言っても……・汗)

nice!(0) 

『ロマンスの帝王』発売です! [商業誌情報]


ロマンスの帝王 (幻冬舎ルチル文庫)

ロマンスの帝王 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 作者: 愁堂 れな
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/07/15
  • メディア: 文庫



本日発売となりました。
イラスト:石田要先生/幻冬舎ルチル文庫様

表4あらすじを転記させていただきますね。
QT
ロマンス小説の編集部に所属する白石瑞帆は、際立った容姿と男の色気を兼ね備え『ロマンスの帝王』と呼ばれる黒川因編集長に叱責され、偶然訪れた『酵素バー』で酵素カプセルを試すことに。
カプセルから出るとそこは一面の砂漠。アラブ服を纏った黒川そっくりの男が現れ、この国の王・マリクと名乗り、白石に「私の花嫁だ」と甘く囁くが……!?
UNQT

ということで、アラブものというよりはお仕事もの? ファンタジー? でもアラブもちょっとあり? ……という、なんとも説明しづらいお話となりました。
石田先生のイラストがもうもう、美麗でセクシーで! 超うっとりです。
是非是非、ご覧くださいね。

書店様の特典は、コミコミスタジオ様でご購入になると、石田先生の美麗表紙イラストカードです。
よろしかったらどうぞご利用くださいませ。

3ヶ月ぶりの新刊、私にしては間が空きました。
皆様に少しでも楽しんでいただけるといいなとお祈りしています。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
ご感想もお待ちしていますねv

nice!(0) 

書影が出ていました [商業誌情報]


ロマンスの帝王 (幻冬舎ルチル文庫)

ロマンスの帝王 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 作者: 愁堂 れな
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/07/15
  • メディア: 文庫



ロマンスの帝王』イラスト:石田要先生
幻冬舎ルチル文庫様より7月15日発売です。

書影が出ていました。
石田先生のイラストがめちゃめちゃ素敵です。美しいですよねーv
口絵もモノクロも本当に素敵ですよvどうぞお楽しみにv

どう見ても砂漠ものですが、実は違います。
よろしかったらどうぞお手に取ってみてくださいねv

コミコミスタジオ様でご購入になると、石田先生の美麗表紙イラストのカードがもらえますv

3ヶ月ぶりの新刊が、皆様に少しでも楽しんでいただけるといいなとお祈りしています!
nice!(0) 

人生で最高に幸せな日 [その他]

『薔薇十字叢書』に参加した作家を京極先生がご自宅に招いてくださったという、奇跡的な一日。
本当に夢のような一日でした。

あぶない夜会でしたっけ? 又吉さんが訪問されたあの、京極先生の仕事場にもお邪魔させていただきました。
テレビで拝見していた仕事場、現物はもうもう、画面からは伝わらない素晴らしさがありました。
自他共に認めるミーハー(すみません)ファンの私の言動は相当危うかったと思うのですが(かつて大極宮様で販売された京極先生手袋(手甲)を持参したり・汗)、京極先生も、スタッフ様も、そしてご一緒した作家様たちも温かく受け入れて(流して)くださって、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。
ここぞとばかりにいろいろ質問してしまった。
それ以上に京極先生はいろいろとお話してくださり、家に帰ってから忘れないように! と必死でメモをとりました。

前も日記で書いたのですが、そもそも私が小説(もどき)を書くきっかけが京極先生の二次でしたし、PNも京極先生のキャラクターから一文字ずついただいた(本当に申し訳ありません)ものだったりするので、こんな幸せなことがあっていいんだろうか、という、まさに至福の時となりました。

京極先生、そして当日何かとお気遣いくださいましたスタッフ様、薔薇十字の京極先生ファンの作家様、編集様、本当に幸せな時間をありがとうございました。
あれが夢だったといわれても「そうだよなー」と納得してしまうほど、幸せな時間でした。
幸せすぎる思い出を胸に、これからもお仕事頑張りますね。
nice!(0) 

7月です [商業誌情報]

2016年も半分終わってしまったんですねー(汗)。早い!
四半期決算、頑張らねば。

さて、7月は文庫が一冊出ます。

『ロマンスの帝王』(イラスト:石田要先生/幻冬舎ルチル文庫様)

65冊目のルチル文庫となりました。
表紙イラスト(勿論口絵もモノクロも)、めちゃめちゃ素敵なんですよーvv
早く皆様にご覧頂きたいです。

かなりの確率で砂漠ものと思われるでしょうが、実はちょっと違います。
また発売近くなりましたら詳細をお知らせさせていただきますね。

7月はこの1冊かな?
8月は2冊出る予定です。うち、1冊はもうAmazonさんなどで予約が始まっているようです。

『被害者探偵・その美貌、僕の推理に役立ててみないか?』(イラスト:菅野文先生/富士見L文庫様)
こちらはBLではありませんが、よろしかったらどうぞお手にとってみてくださいね。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。
nice!(0)